Month: June 2020
眠れない夜はツボマッサージで血行促進

眠りたいのに眠れないといった経験は誰でもあると思います。 寝たいと思えば思うほどなぜか目が覚めてしまって、いつの間にか朝方になってしまって昼間寝不足で眠くてたまらなくなるといったことはよくあることです。 横になって身をつむってもなかなか眠ることができなくて逆に頭がさえてしまう状態というのは、交感神経が活発になっている状態になっていると考えられます。 通常眠りにつくときは副交感神経のほうが強くなり、体と心がリラックスすることができて眠ることができます。 眠れない夜に副交感神経の働きをよくするためには、ツボを押したりマッサージをするなどして血行の促進を促してあげることが大切です。 ストレッチなども有効で、疲れている筋肉をほぐすことによって体がリラックスすることができるので眠れない状態を改善することができます。 眠れないときは眠ろうと無理をするのではなく、眠りたい環境を作ることから始めましょう。 眠れないときに無理に寝ようとしても交感神経が余計に活発になってしまい、ますます眠れないことにもなりかねません。 眠れないときは無理に横になるのではなく、一度起き上がって心と身体をリラックスさせましょう。 交感神経から副交感神経に自律神経がシフトしていくためには30分ほどかかるといわれています。 その間に眠りやすい環境を作っていくと快眠につながります。 まず眠るときは照明を暗くしていきます。 テレビやスマートフォン、パソコンといった画面を見るのもやめましょう。 特にパソコンやスマートフォンから出ているブルーライトを見ていると脳が活性化してしまってますます眠れなくなってしまうので、寝る前には画面を消し静かな環境を作っていくことが大切です。 難しいことを考えないでぼんやりとした時間を過ごすことも体と心をリラックスさせる効果があり、ゆっくりと眠ることにつながります。 リラックスして眠りにつければ、よい睡眠をとれるので疲労回復効果も高くなります。 アドレナリンの分泌を増えないようにすることが重要 眠れない夜に眠れるようにするためにストレッチなど身体を動かしてあげると程よい疲労感でよく眠れ売るようになるのですが、この時に気を付けたいのが頑張り過ぎてしまってアドレナリンの分泌を増やしてしまうことです。 アドレナリンの分泌が増えてしまうと血行は促進されますが、リラックスではなく体が活発に活動した状態になってしまうので、ますます眠れなくなってしまいます。 よい睡眠をとるためのリラックス方法は、静かにゆっくりとした行動で行うということです。 例えばストレッチをするときも、ゆっくりと深い深呼吸をしながら静かに身体を伸ばしていきましょう。 深呼吸も目をつむっていつもよりも長い時間をかけて息を吸い込み、そして吐き出していくと精神をリラックスさせる効果が高く、副交感神経の働きをよくするという効果があります。 ツボを押すときも同様で、睡眠効果が期待できる頭のてっぺんにある百会というツボも力を入れ過ぎないで優しくマッサージをするように押してあげるとよいでしょう。 またふくらはぎをほぐすようにマッサージしてあげれば、血行やリンパの流れを促進してくれて程よく体の中から温める効果があるので眠りにつきやすくなります。 眠れないからといって無理に身体を動かして疲れようと思っても、ハードなことをするとアドレナリンの分泌が増えてしまいます。 眠れないときは、気持ちと身体をリラックスさせてあげることが大切です。 部屋を暗くして静かな環境を作って、のんびりとした気分で過ごすようにしましょう。 仕事のことや悩みなど考え事をしてしまうと余計に眠れなくなりますので、何も考えずにストレッチやツボ押し、マッサージといったことをリラックスしながら行うとよいでしょう。

2020年06月05日