Month: February 2020
理想の睡眠時間は何時間?

私たちは毎日、いったいどれくらい寝れば適正なのでしょうか。 理想の睡眠時間については諸説あります。 各人によって適切な睡眠時間は違っています。 毎日の睡眠時間の長さにより、いくつかのタイプに分かれます。 6時間以下など短い睡眠時間ですむショートスリーパーといわれる人と、逆に9時間以上など長い睡眠時間が必要なロングスリーパーの人です。 ショートスリーパーは活動的な人が多く、ロングスリーパーは内向的な性格が多いといわれています。 ロングスリーパーは比較的、神経質な性格の人が多く、寝つきが悪く眠りも浅いためと、また日中の脳の疲れを癒やすために睡眠時間が長くなるそうです。 結局、睡眠時間はその人にとって昼間充分に活動できるための休養がとれることが大切です。 また疲れをとり健康と美容効果を促すためには、寝る時間帯も大切です。 健康や美容効果があることで最近話題の成長ホルモン。 成長ホルモンは脳下垂体から分泌され、血行を高め筋肉を増やし、全身の基礎代謝量を増加させることからダイエット効果もあるホルモンといわれています。 この成長ホルモンが分泌される時間帯が、22:00~2:00の間といわれているのです。 さらに眠くなる物質、メラトニンもこの時間帯に多く分泌されます。 この時間帯を超えて起きていると、メラトニンの分泌は大幅に低下してしまいます。 ショートスリーパーの人も、同じ寝るならこの時間帯にしておきましょう。 また、自分の理想の睡眠時間を知るためには、次のような試みをしてみましょう。 ゴールデンウィークや年末年始の休みなど、通勤通学で起きる必要がない日が5、6日あるときに、朝、このようにしてみます。 目覚まし時計をかけずに部屋のカーテンも閉め、自然に目が覚める時間に起き、何時間眠ったかを計ってみるのです。 最初の数日は寝不足解消のために長く眠ってしまいますが、4、5日すると自分にとって理想的な睡眠時間に落ち着いてきます。 睡眠を取りすぎても疲労感が残ることもある 睡眠時間が短い人、長い人のタイプはそれぞれあるけれど、やはり適正で理想的といわれる睡眠時間は存在します。 長ければいいわけではなく、たとえばロングスリーパーではない人が9時間以上など長時間寝ると、疲れがとれるどころか逆に疲労感が残ってしまうことがあります。 毎日平均6時間未満の睡眠をとる人をショートスリーパー、毎日平均9時間以上の睡眠をとる人をロングスリーパーと呼びますが、この二つの中間にあたるタイプの人が存在します。 それは毎日平均で6時間~9時間の睡眠をとる人。 この時間層に入る人が最も多いのではないでしょうか。 このタイプの人はバリュアブルスリーパーと呼ばれ、最も長寿であることがわかっています。 日本の人口で比較すると、ショートスリーパーは5~10%、バリュアブルスリーパー80%~90%、ロングスリーパー5~10%にあてはまるそうです。 ほとんどの人がバリュアブルスリーパーになるのです。 また睡眠に関しては、睡眠時間の長さだけでなく質のいい眠りであることも大切です。 眠っているけど疲れがとれない、そんな自覚があるときは眠りが浅くなっていたり、睡眠の質が下がっている可能性があります。 いい睡眠をとるためには、就寝前の行動が影響します。 寝る直前に激しい運動をしたり、入浴をすると神経を刺激して眠りにくくなってしまいます。 またPCやスマートフォンなどの光を見たりお酒を飲むことは、睡眠の質を下げるといわれています。 スマートフォンのブルーライトを見ながら眠るという人も多いと思いますが、質のいい睡眠を得るためにはあまりおすすめできません。 寝る前は体と心に強い刺激を与えず、自律神経のうちでも、リラックスさせる効果のある副交感神経が優位になる状態を作るよう心がけましょう。

2020年02月03日