Month: August 2019
生理痛が重くて眠れないケース

女性の中には、生理になると腹部に強い痛みを感じることがあります。 生理痛が原因で眠れないという場合には、寝る姿勢を工夫することにより、痛みを軽減することが出来る可能性があります。 生理痛によって眠れないということを減らすことで、生理中も快適に過ごすことが出来るようになります。 生理中に腹部に強い痛みを感じる原因の一つとして、血行不良があります。 その為、眠る前にお腹周りを温め、血行を良くするようにしましょう。 腹巻きを使用したり、湯たんぽを使用することで手軽にお腹周りを温めることが出来ます。 生理時だけではなく、普段からお腹周りを温めるようにすると睡眠の質を高めることが出来ます。 また、就寝前にぬるま湯に浸かり、全身を温めると言う方法もあります。 生理痛がひどいという時には、身体を丸めるようにして横向きに眠ると良いでしょう。 横向きに寝る時には、抱きまくらやクッションを抱えるようにすると楽な姿勢となることもあります。 人によって楽な姿勢は異なりますので、自分に合った寝方を見つけるようにしましょう。 寝方を工夫しても、痛みが軽減されないという場合には、バファリンルナや低用量ピルを使用するという方法もあります。 バファリンルナは生理痛などの痛みを軽減してくれる鎮静薬の一つです。 胃への負担も少ないため、年齢を問わずおすすめです。 痛みを抑えることで、眠れないという悩みを軽減することが出来ます。 避妊効果を期待することが出来る低用量ピルは、避妊効果だけではなく、眠れないほど強い痛みを感じる生理痛を軽減させる効果を期待することが出来ます。 その他にも、生理前のイライラ軽減や生理周期の安定効果を期待することが出来ると言われています。 稀に出血が無くなるということもあります。 ピルの服用を中止することで、妊娠をすることが出来ますし、胎児に悪影響があるということもありません。 また、低用量ピルを服用することにより、体重が増加するということも無いとされています。 経血量が多いと漏れの心配で眠れない人もいる 生理中に眠れないと感じている人の中には、経血量が多く、漏れてしまわないか心配に感じていることが原因となっていることもあります。 生理期間は人によって多少異なりますが1週間程度と言う人がほとんどです。 この中で、経血量が多いとされているのが2日目です。 そこからだんだんと経血量は減っていくものです。 起きている時には、経血量に合わせて生理用品を取り替えたり、使用するものを変えるなどすることが出来ますし、こまめに生理用品を取り替えることも出来ます。 しかし、寝ている間は無意識に姿勢を変えたりしているため、知らず知らずのうちに経血が漏れてしまい、下着や寝具を汚してしまう場合があります。 経血が漏れる事を心配しているのであれば、夜用の生理用品を使用するようにしましょう。 生理2日目だけではなく、3日目・4日目も経血が多い日用の生理用品を使用すると安心感があります。 いくつかの生理用品を組み合わせて使用することで経血が漏れるリスクを減らすことが出来る場合もあります。 経血が多い日用の生理用品を使用しても、心配であるという場合には、寝具の上にバスタオルなどの厚めのタオルを敷くなどの対策をするなど、万が一経血が漏れてしまった場合の対策もしておくと良いかもしれません。 生理中の不快感や不安感は他の人に相談をしてもなかなか理解してもらう事が出来ないものです。 眠っている間の行動をコントロールをすることは出来ませんので、様々な工夫をすることが必要となります。 経血量が多い日は不安も大きくなるものですが、いくつかの対策を組み合わせて行なうことで、安心して眠ることができるようになるでしょう。 いくつかの方法を試し、自身に合った方法を見つけると良いでしょう。

2019年08月30日
頭痛がひどくて眠れないケース

睡眠時頭痛によって悩んでいる人は少なくありません。 日中の生活時間帯には特に頭痛の症状が発生しなくても、夜になり身体を横たえた時に徐々に片頭痛が始まり、ズキズキとした痛みによって眠れないということは珍しくなく、その結果睡眠時間の確保が十分にいかないために翌日の生活に支障が出てしまいます。 人間の本能的な欲求である睡眠が妨げられてしまい、眠れないという状況が何日も続くと、ストレスも大きくなりますので、体調の面だけでなく気持ちの面においても影響を与えてしまう可能性が高くなります。 そのためにも何らかの対処法を考えて、安心して眠りにつくことができるようにしていきたいものです。 ごく軽い頭痛で眠れないという場合には、日中の生活に関して改善することによって解消する場合もあります。 例えば昼間にウォーキングなどで身体をたくさん動かすようにして、程よい疲労感を与えると身体が休息を求めるために夜になるとすんなりと眠りに移行できることになります。 それが難しいという場合には、眠りにつく前に簡単なストレッチを行ったり、リラックスできるような音楽を聴いたりということも気持ちを静めるという観点では良い方法でしょう。 もちろん、片頭痛が発生したり、就寝中に頭痛で目が覚めたりするという場合には、別の方向性からのアプローチが必要になる場合も多いものです。 頭痛のために夜に眠れない、途中で頭痛のために目が覚めてしまいその後に再び睡眠状態に移行できないという場合には、その症状によって対処法を考えて実行するという工夫も必要です。 自分でできる対処法はいろいろとあり、それを実践することで改善することも少なくありません。 ただしどの対処方法でも目立った改善が見られない場合や、睡眠時間がしっかりと確保できずに日常業務にも支障をきたしているという場合には、病院で医師の診察を受けるということが必要となるケースもあります。 自分の「眠れない」原因がどこにあるのかを探ることも重要です。 頭痛の種類によって対処法を変える 頭痛の種類には、単純にズキズキと感じる頭痛の他にも、強くガンガンとした痛みを伴う片頭痛、風邪などの場合に目の奥が重く感じるような頭痛といろいろあります。 睡眠時頭痛の中には、睡眠時無呼吸性頭痛というケースもあります。 それぞれの頭痛の種類に応じた対処方法を考えていきましょう。 頭痛のために眠れないというケースの中には、カフェインの摂取が原因となっている場合もあります。 お茶、コーヒーなどを睡眠時間の直前に飲むと、カフェインの成分によって睡眠が阻害され、体質によっては頭痛の原因となる場合があります。 それを防ぐための対処法としては、寝る前にはカフェインを多く含む物を避けることが確実で簡単です。 睡眠時無呼吸性頭痛の場合には、眠っている時に呼吸が一時的にストップし、酸欠の状態に陥ることから発生します。 頭痛という症状だけでなく、そこからさらなる病期の進行に至るケースもありますので、睡眠時に気道を確保するということはとても重要です。 マウスピースを使用して、睡眠中の気道を確保することによって睡眠時無呼吸性頭痛を防ぐことができる場合があります。 マウスピースの使用については医師に相談するのが良いでしょう。 姿勢が悪く、全身の筋肉に過度な負担がかかった場合にも頭痛として症状が現れる場合があります。 頭に合わせた枕に変えてみる、寝る姿勢を工夫してリラックスできるような寝具に変えるという工夫によって改善するケースもあります。 頭痛のために快適に眠れないという状況はとてもつらいものです。 自分で行う対処方法によって改善させることができる場合もありますので実行してみましょう。 それでも改善しない場合には、睡眠時無呼吸症候群などの疾患であることも考えられ、医師の診察が必要なこともあります。

2019年08月14日