記事一覧
頻尿が原因で深い眠りに付けないケース

年を取るにつれて夜なかなか眠れなかったり、眠りが浅いので夜中に目が覚めてしまうという人は沢山います。 その原因のひとつとして頻尿を挙げることができます。 頻尿は誰にでも起こり得ることではありますが、若い人に比べて圧倒的に高齢者に多いというのが実状です。 頻尿が高齢者に多い原因は、原因となりやすい糖尿病や前立腺肥大症を始めとする病気には、若い人よりも高齢者の方がかかりやすいということもありますが、加齢による骨盤付近の筋力低下や抗利尿ホルモンの分泌低下などによって、尿の量を調節する機能が低下することが原因となることもあります。 そして、いったん夜中にトイレに起きてしまうと、もう朝まで眠れないという人も少なくはありません。 また、眠れたとしてもその眠りは浅いものとなってしまい、ぐっすりと眠れないのでまたトイレに行きたくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。 そんな眠れない日が続くと、当然のことながらついには不眠症になってしまうことも少なからず起こってしまいます。 そして、十分な睡眠が取れないことにより、昼間に身体のだるさを感じたり、イライラすることが増えてしまうなど、眠れないことが原因で起こる弊害はたくさんあります。 頻尿が加齢によるものである場合、ある程度は仕方がないのかもしれません。 しかし、努力をすることで頻尿とうまく付き合って、毎日の浅い眠りから脱出するということは十分に可能です。 例えば運動をするということは頻尿対策ばかりでなく、眠れない辛さによく効く薬であると言ってもよいでしょう。 昼間の間に適度に運動することによって、身体の水分が汗として外に放出されるため尿として排出される水分の量を減らすことが可能となります。 それだけではなく、適度な運動をすることで身体が疲労するため、夜になったら疲れてぐっすり眠れるということも期待できるのではないでしょうか。 また、骨盤付近の筋力の低下も頻尿の一因となるので、骨盤底筋体操を行い骨盤を鍛えることによって、ある程度頻尿を抑えることができます。 夜寝る前の水分補給の種類に注意する 寝る前に利尿作用が大きいお茶などを控えるというのも有効な手段のひとつです。 水分を摂ることは身体に良いからと言ってお茶やコーヒーなどカフェインを多く含むものをたくさん飲むことはおすすめできません。 確かにお茶は身体に良いと言われていますが、お茶には利尿作用があるので、睡眠前に飲むと夜中の頻尿につながってしまいます。 またカフェインは入眠を妨げる大きな要因なので睡眠前に飲むことは控えるようにしましょう。 人間にとって水分はなくてはならないものですが、いつ、どのように摂取するかを少し見直してみるだけで頻尿は改善することができます。 特に今までそういったことに気を留めていなかったという人は、睡眠前の水分補給については今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 こうして考えてみると病気以外の頻尿でぐっすり眠れないという人でも、自分の日常生活を少し見直して改善することで、かなりの効果が期待できそうです。 昼間の間に程よく運動し、水分を補給を行い、夜間になったら水分を控えることで、昼間の疲れも手伝って心地よく眠れるようになれるかもしれません。 年を取ってしまったから、頻尿になるのは仕方がないと諦めてしまう前に運動や骨盤体操、そして寝る前の水分調整を行うことによって、頻尿と上手に付き合っていくことはきっと可能です。 そして夜の間ぐっすり眠ることは朝のすっきりとした目覚めにつながります。 このように考えれば頻尿は今日からでも改善が可能なのではないでしょうか。 寝る前に水分を摂り過ぎないということは、すぐに実施できることです。 まずは自分にできることから始めれば、だんだんと気持ちの良い睡眠と眠り足りた朝のすがすがしさを取り戻せるのではないでしょうか。

2019年07月10日
眠れない不眠症の原因は?自分の不眠タイプを知る

どんな時でも横になって速やかに眠れる人がいますが、何となく寝つきが悪いという人は少なくないと思います。 一方で「布団に入っても2時間以上入眠できない=入眠障害」「入眠してから意図する起床時間までに途中2回以上目覚めてしまう=中途覚醒」「起床時に熟睡感が得られない=熟眠障害」「起床時間より2時間以上早く目が覚めてしまう=早朝覚醒」という症状のタイプのどれかまたは複数に当てはまり、それが継続している人も多く存在します。 いずれのタイプであってもそれが1週間続くようなら不眠症の可能性があります。 睡眠が足りていないと様々な問題を引き起こすからです。 たとえば集中力の低下が考えられるでしょう。 この場合は、判断ミス・記憶力の低下・怪我・事故につながることがあります。 勉強や仕事にもパフォーマンスの低下という形で弊害が現れるでしょう。 したがって治療が必要となります。 治療は、精神科や心療内科を受診します。 睡眠薬・睡眠導入薬の投薬や認知療法などが行われます。 それから大切なのは、患者自身が自分で不眠症の原因を探ることです。 眠れないのはどうしてか。 原因のひとつには、何らかの問題を抱えているということもあるでしょう。 常にその問題が頭から離れず悶々としてしまう。 そうした場合はまず、問題点の解決に向けて行動するべきです。 また問題点とは自分自身にかかわることだけではなく、複数の人が同時にかかわっていることが多いものです。 その場合は話し合いをし、問題を共有し、解決策を関係者全員の責任で検討すべきです。 そうすれば解決に至らなくても困っているのは自分だけじゃないと分かって安心するものです。 別の原因としては、それが何らかの病気と関係しているということです。 すぐに思い当たるのは、うつ病などの精神疾病です。 不眠が引き金となってうつ病を発症することもありますし、うつ病の症状として不眠症が現れることもあります。 交感神経と副交感神経とのバランスの悪化が関係していると考えられています。 不眠には生活習慣病も関係する そしてもうひとつ、生活習慣病との関わりも忘れる訳にはいきません。 生活習慣病は基本的に次の6つです。 糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満がそうです。 生活習慣病は、睡眠の質と大きな関係があることが分かってきています。 例えば入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害のうち何らかの症状がある人は、糖尿病のリスクが1.5~2倍に高まると考えられています。 生活習慣病は生活の質と大いに関連していて、その一要素として睡眠の質が関係してくるという訳です。 さて眠れないという症状を訴えると、夜更かし他の生活習慣のせいだ、と反論されることもあるでしょう。 もちろん自堕落な生活をしていて眠るべき時に眠らないというのも眠れないもとになりますが、実際はもっと複雑です。 例えば製造業などの現場では、交代勤務によって一週間ごとに昼夜逆転を強いられる労働者がいます。 生理的には眠るべき時間に眠る、夜11時から2時までの間は必ず眠っていることが、修復ホルモンや疲労回復ホルモンの分泌に欠かせません。 夜働いて昼間眠る人は、こうした点で不利になります。 また昼間は睡眠には何かとふさわしくない事情もあるはずです。 そうして無理を続けるうちに、睡眠の質が悪化して不眠症になるというのは大いにありうる話です。 そして眠れないという状態を放置していると、先述の通り糖尿病のリスクが高まったり、睡眠の質の低さと関連して睡眠時無呼吸症候群に陥って、高血圧・心不全・虚血性心疾患・脳血管障害という問題を引き起こします。 生活習慣病は、特に中年期以降の生活の質を大いに低下させるリスクがあります。 食事・運動に気を配る他、眠れないことに注意を喚起し、睡眠の質を向上させる工夫をしていく必要があります。 自分がどのタイプの不眠症なのかを知り、さらに大きな健康上の問題に直面することのないように、医師の指導のもと原因の把握と対策をキチンと行いましょう。

2019年06月25日