記事一覧
痛みで眠れない時はロキソニンやボルタレン

痛みがあって眠れないとますます痛みが気になってしまいます。 眠れないことで生活が不規則になり痛みの原因となる疾患が悪化する恐れもあります。 しっかりとした睡眠をとるためにも解熱鎮痛剤を利用して痛み止めをすることが必要になります。 効果が高いとされる解熱鎮痛剤にはロキソニンやボルタレンがあります。 ロキソニンは非ステロイド系の解熱鎮痛剤です。 痛みや炎症、発熱を引き起こす物質が体内で作られるのを抑制する効能があります。 そのため炎症によって引き起こされる腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果が期待できます。 薬局で購入できる薬の中では痛み止めの効果はかなり強い部類になります。 ボルタレンも非ステロイド系抗炎症薬です。 解熱、抗炎症作用、痛み止めの効果が期待できます。 承認されている解熱鎮痛剤の中ではかなり高い効果が期待できます。 ロキソニンとボルタレンを比較すると成分の違いからいくつかの差があります。 痛み止めの効果が高いのはボルタレンの方です。 そのため、頭痛などの継続的に服用するような場合には処方されません。 手術後の痛みなど短期間の強い痛みに対して使われます。 即効性についてはロキソニンの方が高いと言えます。 ボルタレンと比べるとおおよそ半分の時間で痛み止めができます。 早く痛みを取りたい時にはロキソニンを選択した方がいいでしょう。 持続時間で比べるとボルタレンの方が若干長いと言うことになります。 ロキソニンが最長7時間であるのに対してボルタレンは8時間と1時間程度の差があります。 長い時間寝たい時にはボルタレンを選択した方が良いでしょう。 副作用で比較すると効果の高いボルタレンの方が高いと言う報告があります、ボルタレンを服用する時には空腹を避けるようにしましょう。 腹痛が気になる時には座薬を利用すると安心です。 ただし市販されているボルタレンは体の表面に使用する湿布やローションのみで錠剤などの服用するものはありません。 医師の処方による服用になります。 痛み止めは空腹時に飲むと腹痛を起こすことも 痛み止めを空腹時に服用すると腹痛になることがあります。 ロキソニンの副作用としても消化器の不良が報告されています。 具体的には胃部不快感、腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振などがあります。 発生の恐れは2%程度であまり多くありませんが、状況によっては確率が高くなります。 解熱鎮痛剤に使われている成分は胃を荒らしやすい傾向があります。 そのため何もない胃に服用すると効果が強く強すぎて腹痛を引き起こします。 そのためできる限り食後に服用することが安心です。 そして服用する時には多めの水で飲むようにしましょう。 水の量が少ないと胃の中で濃度の濃い状態になるため効果が強く出る恐れがあります。 副作用も同じように強く出るので腹痛が起きることになります。 また、極端に水の量が少ない時は薬が食道に傷をつけたり、止まって胃に到達する前に溶けてしまい食道を荒らすことになります。 どうしても空腹の状態で服用しなければならない時は、牛乳と一緒に飲むといいでしょう。 牛乳は胃の粘膜を助ける効果が期待できます。 解熱鎮痛剤と一緒に飲んでも効果が損なわれることはありません。 もし牛乳が飲めないような場合は服用する時の水の量を多めにするように心がけます。 一度に飲む量を増やす必要はありませんので、服用前に一度水を飲んで、その後服用、服用後も水を飲み込むことで胃の中で溶け出した薬の濃度が薄くなります。 痛み止めの効果を必要とする状態で解熱鎮痛剤を飲まないわけにはいきません。 副作用を恐れて飲めないようでは困ってしまいます。 飲むタイミングや飲み方を工夫するだけで副作用を抑えることができます。 基本的な服用方法を守って本来の目的が達成できるようにしましょう。

2019年09月14日
生理痛が重くて眠れないケース

女性の中には、生理になると腹部に強い痛みを感じることがあります。 生理痛が原因で眠れないという場合には、寝る姿勢を工夫することにより、痛みを軽減することが出来る可能性があります。 生理痛によって眠れないということを減らすことで、生理中も快適に過ごすことが出来るようになります。 生理中に腹部に強い痛みを感じる原因の一つとして、血行不良があります。 その為、眠る前にお腹周りを温め、血行を良くするようにしましょう。 腹巻きを使用したり、湯たんぽを使用することで手軽にお腹周りを温めることが出来ます。 生理時だけではなく、普段からお腹周りを温めるようにすると睡眠の質を高めることが出来ます。 また、就寝前にぬるま湯に浸かり、全身を温めると言う方法もあります。 生理痛がひどいという時には、身体を丸めるようにして横向きに眠ると良いでしょう。 横向きに寝る時には、抱きまくらやクッションを抱えるようにすると楽な姿勢となることもあります。 人によって楽な姿勢は異なりますので、自分に合った寝方を見つけるようにしましょう。 寝方を工夫しても、痛みが軽減されないという場合には、バファリンルナや低用量ピルを使用するという方法もあります。 バファリンルナは生理痛などの痛みを軽減してくれる鎮静薬の一つです。 胃への負担も少ないため、年齢を問わずおすすめです。 痛みを抑えることで、眠れないという悩みを軽減することが出来ます。 避妊効果を期待することが出来る低用量ピルは、避妊効果だけではなく、眠れないほど強い痛みを感じる生理痛を軽減させる効果を期待することが出来ます。 その他にも、生理前のイライラ軽減や生理周期の安定効果を期待することが出来ると言われています。 稀に出血が無くなるということもあります。 ピルの服用を中止することで、妊娠をすることが出来ますし、胎児に悪影響があるということもありません。 また、低用量ピルを服用することにより、体重が増加するということも無いとされています。 経血量が多いと漏れの心配で眠れない人もいる 生理中に眠れないと感じている人の中には、経血量が多く、漏れてしまわないか心配に感じていることが原因となっていることもあります。 生理期間は人によって多少異なりますが1週間程度と言う人がほとんどです。 この中で、経血量が多いとされているのが2日目です。 そこからだんだんと経血量は減っていくものです。 起きている時には、経血量に合わせて生理用品を取り替えたり、使用するものを変えるなどすることが出来ますし、こまめに生理用品を取り替えることも出来ます。 しかし、寝ている間は無意識に姿勢を変えたりしているため、知らず知らずのうちに経血が漏れてしまい、下着や寝具を汚してしまう場合があります。 経血が漏れる事を心配しているのであれば、夜用の生理用品を使用するようにしましょう。 生理2日目だけではなく、3日目・4日目も経血が多い日用の生理用品を使用すると安心感があります。 いくつかの生理用品を組み合わせて使用することで経血が漏れるリスクを減らすことが出来る場合もあります。 経血が多い日用の生理用品を使用しても、心配であるという場合には、寝具の上にバスタオルなどの厚めのタオルを敷くなどの対策をするなど、万が一経血が漏れてしまった場合の対策もしておくと良いかもしれません。 生理中の不快感や不安感は他の人に相談をしてもなかなか理解してもらう事が出来ないものです。 眠っている間の行動をコントロールをすることは出来ませんので、様々な工夫をすることが必要となります。 経血量が多い日は不安も大きくなるものですが、いくつかの対策を組み合わせて行なうことで、安心して眠ることができるようになるでしょう。 いくつかの方法を試し、自身に合った方法を見つけると良いでしょう。

2019年08月30日
頭痛がひどくて眠れないケース

睡眠時頭痛によって悩んでいる人は少なくありません。 日中の生活時間帯には特に頭痛の症状が発生しなくても、夜になり身体を横たえた時に徐々に片頭痛が始まり、ズキズキとした痛みによって眠れないということは珍しくなく、その結果睡眠時間の確保が十分にいかないために翌日の生活に支障が出てしまいます。 人間の本能的な欲求である睡眠が妨げられてしまい、眠れないという状況が何日も続くと、ストレスも大きくなりますので、体調の面だけでなく気持ちの面においても影響を与えてしまう可能性が高くなります。 そのためにも何らかの対処法を考えて、安心して眠りにつくことができるようにしていきたいものです。 ごく軽い頭痛で眠れないという場合には、日中の生活に関して改善することによって解消する場合もあります。 例えば昼間にウォーキングなどで身体をたくさん動かすようにして、程よい疲労感を与えると身体が休息を求めるために夜になるとすんなりと眠りに移行できることになります。 それが難しいという場合には、眠りにつく前に簡単なストレッチを行ったり、リラックスできるような音楽を聴いたりということも気持ちを静めるという観点では良い方法でしょう。 もちろん、片頭痛が発生したり、就寝中に頭痛で目が覚めたりするという場合には、別の方向性からのアプローチが必要になる場合も多いものです。 頭痛のために夜に眠れない、途中で頭痛のために目が覚めてしまいその後に再び睡眠状態に移行できないという場合には、その症状によって対処法を考えて実行するという工夫も必要です。 自分でできる対処法はいろいろとあり、それを実践することで改善することも少なくありません。 ただしどの対処方法でも目立った改善が見られない場合や、睡眠時間がしっかりと確保できずに日常業務にも支障をきたしているという場合には、病院で医師の診察を受けるということが必要となるケースもあります。 自分の「眠れない」原因がどこにあるのかを探ることも重要です。 頭痛の種類によって対処法を変える 頭痛の種類には、単純にズキズキと感じる頭痛の他にも、強くガンガンとした痛みを伴う片頭痛、風邪などの場合に目の奥が重く感じるような頭痛といろいろあります。 睡眠時頭痛の中には、睡眠時無呼吸性頭痛というケースもあります。 それぞれの頭痛の種類に応じた対処方法を考えていきましょう。 頭痛のために眠れないというケースの中には、カフェインの摂取が原因となっている場合もあります。 お茶、コーヒーなどを睡眠時間の直前に飲むと、カフェインの成分によって睡眠が阻害され、体質によっては頭痛の原因となる場合があります。 それを防ぐための対処法としては、寝る前にはカフェインを多く含む物を避けることが確実で簡単です。 睡眠時無呼吸性頭痛の場合には、眠っている時に呼吸が一時的にストップし、酸欠の状態に陥ることから発生します。 頭痛という症状だけでなく、そこからさらなる病期の進行に至るケースもありますので、睡眠時に気道を確保するということはとても重要です。 マウスピースを使用して、睡眠中の気道を確保することによって睡眠時無呼吸性頭痛を防ぐことができる場合があります。 マウスピースの使用については医師に相談するのが良いでしょう。 姿勢が悪く、全身の筋肉に過度な負担がかかった場合にも頭痛として症状が現れる場合があります。 頭に合わせた枕に変えてみる、寝る姿勢を工夫してリラックスできるような寝具に変えるという工夫によって改善するケースもあります。 頭痛のために快適に眠れないという状況はとてもつらいものです。 自分で行う対処方法によって改善させることができる場合もありますので実行してみましょう。 それでも改善しない場合には、睡眠時無呼吸症候群などの疾患であることも考えられ、医師の診察が必要なこともあります。

2019年08月14日
腰痛や関節痛が原因で眠れないケース

腰痛や関節痛があると、痛みでなかなか上手く眠れない場合がありますよね。 そういった場合は、何が原因かを明確にしていった方が早く痛みともさよならできます。 腰痛に関して言えば、毎日の生活での姿勢との関わりも多いでしょう。 デスクワークで長時間座っている事で、腰に負担がかかり痛みを伴う場合があります。 できれば合間を見て、腰の筋肉を伸ばしたりほぐすストレッチをすると随分痛みも軽減されます。 立ち姿勢も猫背であったり、スマホなどをながめている事でストレートネックといって首に湾曲がない状態になってしまうと、人間は腰でバランスをとる事になるので負担となり腰痛にもなります。 壁際に背中をつけて立った時に、腰が浮いたり、頭や肩が前に出て壁につかない場合は立った時の姿勢が悪く腰に負担をかけています。 関節痛は関節リウマチや痛風が原因の場合があります。 関節リウマチは、関節が炎症を起こし軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれてきます。 放っておくと関節が変形してしまう場合もあります。 関節リウマチは病院で痛みをやわらげる消炎鎮痛薬やステロイドといって関節の腫れや痛みをやわらげる塗り薬が処方されます。 温熱療法といって痛みのある部分を温めて緩和させる方法や、運動療法といって筋肉を動かし血行を良くすると痛みが緩和されるリハビリ法なども行っています。 痛みがあって眠れないと、体調も悪くするので無理せずにお薬に頼る事も一つの方法です。 痛風は食べ過ぎやストレス、過度のお酒の摂取といった生活習慣の乱れから起こると言われています。 痛風は尿酸の量が多くなる事で起こります。 痛風は突然、足の親指のつけ根から猛烈な痛みにおそわれますので、眠れないどころではありません。 少し足に風がふれただけでも激痛になります。 痛風になる前の高尿酸血症で気付き、生活習慣の乱れを改善する事が大切です。 これから年末に向けて忘年会が多くなる時期ですので、暴飲暴食には十分な注意が必要です。 痛みにくい一番楽な体勢を見つける 腰痛や関節痛で夜、眠れない日々が続くと体力的にも低下して良くないです。 腰痛、関節痛の原因を知ったうえで早めの対処法をとることが大切です。 そして、寝る時の体勢もご自分が楽なスタイルを見つける事も重要です。 腰痛や関節痛の場合うつ伏せはよくないとされています。 仰向けか、横向きの体勢が楽でよいでしょう。 寝返りもしやすいように寝具も調整した方が楽に眠れます。 マットが柔らかすぎると寝返りがしにくかったりするので避けた方がよいでしょう。 柔らかいソファーにずっと座ったり寝るのも腰に負担がかかるのでやめておきましょう。 枕の高さも重要です。 高いと寝返りが自然にうてないので低めがよいのですが、わざわざオーダーで枕を作るよりはバスタオルを三つ折りにして重ね、高さ調整を行った方が簡単です。 オーダーで枕を作っても、マットレスの堅さにによって違ってくるために一概によいとは言えません。 ですので、その時の状況に合わせて簡単に高さ調整ができるバスタオルで枕を作った方が、楽に寝る事ができます。 寝返りが上手くうてないと、寝てる間同じ姿勢となり腰痛や関節痛が余計に痛く悪化する事もあります。 眠れない時は、いろいろ姿勢を変えてみて痛みが伴わない姿勢を見つけてみて下さい。 日によって仰向きが楽、横向きが楽な時があります。 横向きで寝る時は抱き枕を足に挟んで寝るとより心地よく眠れる場合もあるので、使用するのも良い方法です。 横向きの場合、足を縮めて赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる時の体勢も腰痛をやわらげるスタイルとも言われています。 また、寝る前に無理をしない程度でストレッチをしてあげると筋肉がほぐされ、気持ちも和らぎ寝付きやすい場合もあります。

2019年07月27日
頻尿が原因で深い眠りに付けないケース

年を取るにつれて夜なかなか眠れなかったり、眠りが浅いので夜中に目が覚めてしまうという人は沢山います。 その原因のひとつとして頻尿を挙げることができます。 頻尿は誰にでも起こり得ることではありますが、若い人に比べて圧倒的に高齢者に多いというのが実状です。 頻尿が高齢者に多い原因は、原因となりやすい糖尿病や前立腺肥大症を始めとする病気には、若い人よりも高齢者の方がかかりやすいということもありますが、加齢による骨盤付近の筋力低下や抗利尿ホルモンの分泌低下などによって、尿の量を調節する機能が低下することが原因となることもあります。 そして、いったん夜中にトイレに起きてしまうと、もう朝まで眠れないという人も少なくはありません。 また、眠れたとしてもその眠りは浅いものとなってしまい、ぐっすりと眠れないのでまたトイレに行きたくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。 そんな眠れない日が続くと、当然のことながらついには不眠症になってしまうことも少なからず起こってしまいます。 そして、十分な睡眠が取れないことにより、昼間に身体のだるさを感じたり、イライラすることが増えてしまうなど、眠れないことが原因で起こる弊害はたくさんあります。 頻尿が加齢によるものである場合、ある程度は仕方がないのかもしれません。 しかし、努力をすることで頻尿とうまく付き合って、毎日の浅い眠りから脱出するということは十分に可能です。 例えば運動をするということは頻尿対策ばかりでなく、眠れない辛さによく効く薬であると言ってもよいでしょう。 昼間の間に適度に運動することによって、身体の水分が汗として外に放出されるため尿として排出される水分の量を減らすことが可能となります。 それだけではなく、適度な運動をすることで身体が疲労するため、夜になったら疲れてぐっすり眠れるということも期待できるのではないでしょうか。 また、骨盤付近の筋力の低下も頻尿の一因となるので、骨盤底筋体操を行い骨盤を鍛えることによって、ある程度頻尿を抑えることができます。 夜寝る前の水分補給の種類に注意する 寝る前に利尿作用が大きいお茶などを控えるというのも有効な手段のひとつです。 水分を摂ることは身体に良いからと言ってお茶やコーヒーなどカフェインを多く含むものをたくさん飲むことはおすすめできません。 確かにお茶は身体に良いと言われていますが、お茶には利尿作用があるので、睡眠前に飲むと夜中の頻尿につながってしまいます。 またカフェインは入眠を妨げる大きな要因なので睡眠前に飲むことは控えるようにしましょう。 人間にとって水分はなくてはならないものですが、いつ、どのように摂取するかを少し見直してみるだけで頻尿は改善することができます。 特に今までそういったことに気を留めていなかったという人は、睡眠前の水分補給については今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 こうして考えてみると病気以外の頻尿でぐっすり眠れないという人でも、自分の日常生活を少し見直して改善することで、かなりの効果が期待できそうです。 昼間の間に程よく運動し、水分を補給を行い、夜間になったら水分を控えることで、昼間の疲れも手伝って心地よく眠れるようになれるかもしれません。 年を取ってしまったから、頻尿になるのは仕方がないと諦めてしまう前に運動や骨盤体操、そして寝る前の水分調整を行うことによって、頻尿と上手に付き合っていくことはきっと可能です。 そして夜の間ぐっすり眠ることは朝のすっきりとした目覚めにつながります。 このように考えれば頻尿は今日からでも改善が可能なのではないでしょうか。 寝る前に水分を摂り過ぎないということは、すぐに実施できることです。 まずは自分にできることから始めれば、だんだんと気持ちの良い睡眠と眠り足りた朝のすがすがしさを取り戻せるのではないでしょうか。

2019年07月10日
眠れない不眠症の原因は?自分の不眠タイプを知る

どんな時でも横になって速やかに眠れる人がいますが、何となく寝つきが悪いという人は少なくないと思います。 一方で「布団に入っても2時間以上入眠できない=入眠障害」「入眠してから意図する起床時間までに途中2回以上目覚めてしまう=中途覚醒」「起床時に熟睡感が得られない=熟眠障害」「起床時間より2時間以上早く目が覚めてしまう=早朝覚醒」という症状のタイプのどれかまたは複数に当てはまり、それが継続している人も多く存在します。 いずれのタイプであってもそれが1週間続くようなら不眠症の可能性があります。 睡眠が足りていないと様々な問題を引き起こすからです。 たとえば集中力の低下が考えられるでしょう。 この場合は、判断ミス・記憶力の低下・怪我・事故につながることがあります。 勉強や仕事にもパフォーマンスの低下という形で弊害が現れるでしょう。 したがって治療が必要となります。 治療は、精神科や心療内科を受診します。 睡眠薬・睡眠導入薬の投薬や認知療法などが行われます。 それから大切なのは、患者自身が自分で不眠症の原因を探ることです。 眠れないのはどうしてか。 原因のひとつには、何らかの問題を抱えているということもあるでしょう。 常にその問題が頭から離れず悶々としてしまう。 そうした場合はまず、問題点の解決に向けて行動するべきです。 また問題点とは自分自身にかかわることだけではなく、複数の人が同時にかかわっていることが多いものです。 その場合は話し合いをし、問題を共有し、解決策を関係者全員の責任で検討すべきです。 そうすれば解決に至らなくても困っているのは自分だけじゃないと分かって安心するものです。 別の原因としては、それが何らかの病気と関係しているということです。 すぐに思い当たるのは、うつ病などの精神疾病です。 不眠が引き金となってうつ病を発症することもありますし、うつ病の症状として不眠症が現れることもあります。 交感神経と副交感神経とのバランスの悪化が関係していると考えられています。 不眠には生活習慣病も関係する そしてもうひとつ、生活習慣病との関わりも忘れる訳にはいきません。 生活習慣病は基本的に次の6つです。 糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満がそうです。 生活習慣病は、睡眠の質と大きな関係があることが分かってきています。 例えば入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害のうち何らかの症状がある人は、糖尿病のリスクが1.5~2倍に高まると考えられています。 生活習慣病は生活の質と大いに関連していて、その一要素として睡眠の質が関係してくるという訳です。 さて眠れないという症状を訴えると、夜更かし他の生活習慣のせいだ、と反論されることもあるでしょう。 もちろん自堕落な生活をしていて眠るべき時に眠らないというのも眠れないもとになりますが、実際はもっと複雑です。 例えば製造業などの現場では、交代勤務によって一週間ごとに昼夜逆転を強いられる労働者がいます。 生理的には眠るべき時間に眠る、夜11時から2時までの間は必ず眠っていることが、修復ホルモンや疲労回復ホルモンの分泌に欠かせません。 夜働いて昼間眠る人は、こうした点で不利になります。 また昼間は睡眠には何かとふさわしくない事情もあるはずです。 そうして無理を続けるうちに、睡眠の質が悪化して不眠症になるというのは大いにありうる話です。 そして眠れないという状態を放置していると、先述の通り糖尿病のリスクが高まったり、睡眠の質の低さと関連して睡眠時無呼吸症候群に陥って、高血圧・心不全・虚血性心疾患・脳血管障害という問題を引き起こします。 生活習慣病は、特に中年期以降の生活の質を大いに低下させるリスクがあります。 食事・運動に気を配る他、眠れないことに注意を喚起し、睡眠の質を向上させる工夫をしていく必要があります。 自分がどのタイプの不眠症なのかを知り、さらに大きな健康上の問題に直面することのないように、医師の指導のもと原因の把握と対策をキチンと行いましょう。

2019年06月25日